Saturday, November 21, 2009

初心者のためのプライベート・エクィティー・ファンド講座 - ニューヨーク・タイムズ紙のインタラクティブ・メディア

この「金あまり」だけど「金づまり」なご時勢。リスクに対して過度に敏感になった従来の金融機関にかわって、一部の(あまりレバレッジ効かせていない)プライベート・エクィティ・ファンドが元気よくなっています。

もっと知りたい方、ニューヨーク・タイムズ紙のインタラクティブ・レポートをどうぞ...(コチラ

あれ〜、NYタイムズって新聞社じゃなかったっけ〜?あちらのメディアさんは生き残りをかけた競争で、大変ですな。日本メディアは周回遅れ?いや、でもヴィジュアル・メディアとのタイアップということであれば、先駆者なのだが...。

Saturday, November 14, 2009

Invictus



ラグビー映画ってのも、珍しいけれど...これはぜひとも見てみたい!

なんか出だしは「ショーシャンク」なんですが...?

しかしスキャンダルまみれのモーガン・フリーマン...大丈夫かね?

Friday, November 13, 2009

私的なことをしゃべってきた

(前回のエントリーで、PDFファイルをいとも簡単にJPEGファイルに転換できることを、いまさらながら覚えたので、乱用します。)

アカデミーヒルズの階段教室で講演。あまり深く考えると必要以上に緊張しそうだったので、あえてそうしなかったが、今から考えるとけっこうな晴れ舞台であった。

おかげさまで100人弱ぐらいの方々にいらしていただいた。あけてみたら知人と関係者ばかり...なんて売れないバンドのサヨナラ・ライブみたいになるんじゃないかと密かに恐れていたので、ホッとした。

内容に関しては、自分の留学体験と、海外キャリア放浪のことをしゃべってきたのだが、準備段階から、いったい聴衆がどんな話を期待しているのか分からず、あせりまくった。今のご時勢、ノウハウものや、「○○力」みたいな、スーパーマリオのキノコかお花のようなパワーアップ・アイテム話が歓迎されているのは大体想像できたのだが、自分のスタイルではないので、あえて失敗談を多く語ってきた。

もっとも結婚式のスピーチと自分の話をするのは大のニガテなので、最初は緊張しまくった。1時間半の持ち時間で大体20分ぐらいしたあたりからリラックスできたのだが、前回慶應ビジネス・スクールで外国人留学生相手に英語で同じような講演をしたのを聞いていた友人からは、「なんか英語の方がリラックスできるみたいね」とのコメントをいただく。やはり、スピーチに関しては専門的に訓練した言語なので...実は日本語がニガテになっているのかもしれん。

また次回チャンスがあったら、もっとうまくできるんじゃないかな...と欲がでてきた。

とにかく、このチャンスをくれた安部氏と、最初から最後まで親切にサポートしてくれた六本木ライブラリーのスタッフに感謝。ありがとうございました!

Wednesday, November 11, 2009

Tuesday, November 10, 2009

中国、重慶市の汚職事件裁判


スゴイな...いろいろな意味で。

Tuesday, November 03, 2009

ファインマン博士

今日、アゴラに書いてきたヤツのオリジナル。


コチラはオマケ。


Surely, you are joking, Mr. Feynman!
There was an error in this gadget