Monday, January 26, 2009

ビジュアルなビジネス・ニュース

以前のエントリー(コチラ)でちょっと触れたが、日本の「株式ニュース」のプレゼンター女史は必ず福顔でなければならないという不文律があったとか、なかったとか。

ちょっとチェックしてみた。

以前の株式ニュースのキャスター、甲斐洋子さん(1990年〜2003年)のブログ(コチラ)。


「株式ニュース」が終了し、「Opening Bell」、「Closing Bell」なんてブルームバーグしちゃった後継者が登場したが、こちらで今も活躍されている大里希世さんのブログはコチラ(所属エージェンシーのページはコチラ)。

たしかに、福々しい...のかな。

しかしお二方とも私が最近発見したCNNのステファニー・イーラム女史にはかなうまい。


なんというか...福々しいとうより...たくましい...イーラム女史。不況の時代の今、ブレークしそうな予感がする。

ちなみにブルームバーグはコーポレート・イメージを変えた方がいいと思う。あの黒とゴールドのテーマ・カラーは陰気くさい。そのクラ〜い画像フレームの中からシャープな感じ...とうか頬がこけたプレゼンターが「消費者需要に関連してさらに悪い数字が...」なんてしゃべると、こっちは思わずお下品に「Eat, Skinny B*tch, Eat!」と叫びたくなる。

ま、どうでもいいんだけどね。

オマケ。以前もご登場いただいた(コチラ)CNNの看板娘(なのか?)エリカ・ヒル女史の豹変ぶり。

本当に同一人物か?
































閑話休題、言帰正伝...。

No comments:

There was an error in this gadget