Friday, May 22, 2009

鉄の女 - Iron Lady

まじめな論壇ブログにちょっとやわらかめの話を書いてきました(コチラ)。

私のイギリス生活は1989年から2000年なので、ちょうどサッチャー政権の末期から、メージャー首相を挟んで、1997年の総選挙で労働党が大勝しブレア政権がスタートした時期に当たります。

そして、私が大学や職場やラグビーで知り合ったイギリスの同時代人たちは、以下のビデオの中で政治ジャーナリストのアンドリュー・マーが言うように「サッチャーの子供たち」でした。


「その人物を偉大ならしめるものが、その人物の命取りとなる。」

シェークスピア悲劇の公式ですね。

私も、この「サッチャー首相の政治的暗殺」をリアル・タイムで経験したのが我が人生の忘れ得ぬエピソードです。











No comments:

There was an error in this gadget