Sunday, February 08, 2009

「オバマはドアなんだ。オレたちはこのドアを通って新しい世界に足を踏み出さなければならない。」

と、標題のごとくノタマワッタのはラップ・アーティスト/プロデューサー(兼ビヨンセのご主人)であるJay-Z。

早くもその効果が現れたのか、共和党の全国会議議長に選出された、マイケル・スティールさん。


さすがアメリカですな。人材豊富。

そして共和党...ちょっと臆面なさすぎ。

以前のエントリー(コチラ)で民主党の黒人若手政治家を紹介したが、共和党も負けてはいません。このままいくと、本当に政界は教会と同様に有為の黒人青年にとって魅力的な職業になるかもしれませんね。

そしてこうした政策論議が活発になるのもいいことでしょう。

ちなみに私の見方は(経済政策に関しては)共和党より。がんばれマイケル!

No comments:

There was an error in this gadget