Saturday, April 12, 2008

神様、仏様、ルーカス様、スピルバーグ様

うちのセガレ。いいかげんにベネッセさんちで「しま次郎」といっしょに「シーパッパ」だの「ウンパッパ」だのというのも情けない...。(なんのことだか、なにがなんだか分からないみなさん、飛ばしてください。)

と、思っていたら、おねえちゃんのボーイフレンドがセガレにスターウォーズの世界を紹介してくれた。

そこで去年のクリスマス・プレゼントはライトセーバー。

しかし、息子の理解力ではスターウォーズの物語世界のディテールが把握しきれていない。「ジェダイ」やら、「ダークサイド」やら、「フォース」などのコンセプトや、またアナキン/ダースべーダーとルーク、レイアの関係も全然分かっていないようだ。

まだまだ「善玉・悪玉」といった二次元的ストーリー展開にしかついていけていないセガレに、スペース・オペラのフィクション構造はちょっと難易度高め。

そこで今度はお父さん(私のことです...ちなみに)が「インディアナ・ジョーンズ」の三部作DVDを買ってあげた。

見事にはまりまくり。(しかし2作目の「Temple of Doom」は怖すぎたらしい。)

朝、起きるとともに「インディアナ・ジョーンズのテーマ」を口ずさみながら、縄跳びをムチに見立ててベッドの上で振り回す。

上の写真はレゴ・ブロックのインディアナ・ジョーンズを組み立てるセガレ。

まったく単純なヤツだ。誰に似たのか...。

No comments:

There was an error in this gadget