Friday, April 25, 2008

「北朝鮮とシリアの核協力、米が「確認」と発表」

拉致問題一本槍の(そして、すでにそれさえ忘れちゃった)日本のメディアでは、あまり注目されていないようだが、これはちょっとしたニュースでしょう。

BBCではトップ・ストーリーの扱いです(コチラ)。

もともと昨年9月のイスラエル空軍による急襲爆撃の後、双方とも不気味に沈黙していたのがなんともきな臭かったわけですが、イラクでてんてこ舞いだったブッシュはこの外交カードをポケットの奥深くしまっていたということだったのでしょう。

しかしここへきて、イラクは片付かないし、もう任期切れが迫ってきたし、韓国では親米派の新大統領が無事選出されたし、中国はチベットとオリンピックの「タイマツ行列」のゴタゴタで当分テンパってるし...ということで、この時点のタイミングで、

「エイヤッ...」

と、カードを切ってきた...。

しかしなにが目的なのだろう...。

もっとも、

「また『大量破壊兵器』ですか...?」

といわれているらしいブッシュ大統領...終わってるなぁ...。

それを言い出したら、最近韓国の大統領に、

北には日本からもボーナスがあると伝えてほしい...

なんてノー天気に伝言を頼んでいたとかいう総理大臣と、彼をサポートしている(はずの)外務省もてんで役立たず...。

終わっているなぁ...。

今回の核施設問題に関しては、事前にアメリカ政府からな~んも連絡がなかった、というかもうすでにアメリカ政府からも相手にされていない、ということだ。

日本の外交担当者は、東アジア外交において日本は主導権の「しゅ」の字も握っていない...まったくもって蚊帳の外...というキビシー現実を認識するところからはじめなきゃいけない。

まったく関係ないが、宮崎市定先生に言わせると昔から中東の鍵を握るのはシリアだそうだ。地中海を瀬戸内海と見立てると、シリアは大阪にあたると...。

まぁ、もちろんもっと詳しいご高説があって、そんな牽強付会なお話だけじゃないんですが...。

とすると、いつも物騒なレバノンとかイスラエルは河内・岸和田にあたるわけか...なるほど道理でガラが悪い...。なんかハマスとかヒズボラのあんちゃんたちが、ナイナイの岡ちゃんとやべっちに見えてきた。

ちょっと内陸に入ったヨルダンは...奈良?

...ここら辺でやめておこう。

No comments:

There was an error in this gadget