Tuesday, March 11, 2008

Samantha Power

ヒラリーのことを「モンスター」よばわりして、結局クビになったオバマ候補の外交政策アドバイザー(だった)サマンサ・パワー女史。
こんな人でした。



あいかわらずBBC、ためになります。

それにしてもパワー女史...こういうメディア露出をしていたとなると、どうもオフレコ発言をリークされてクビになったというのは、身内の裏切りにやられたのではないか...という勘繰りをしたくなりますな。

王様のそば近くはいつの時代も危険がいっぱいです。

No comments:

There was an error in this gadget